ソフトバンクの新料金プランの徹底分析と既存プラン・ドコモとの比較

モバイル通信

ソフトバンクは、NTTドコモが既に発表した新プラン「ahamo(アハモ)」と既存料金プランの値下げに対抗する新料金プランを発表しました。

その新料金プランは、ユーザーの利用形態に合わせた3ブランドから提供されます。

  • オンライン専用ブランド「SoftBank on LINE」
    2021年3月開始予定
  • 小中容量ブランド「ワイモバイル」「ミニフィットPLAN」
    2021年2月開始予定
  • 大容量ブランド「メリハリ無制限」
    2021年3月開始予定
    ※「ミニフィットPLAN」は変更なし

auも来年早々に新料金プランの発表する予定で、今後各社さらなる改定も予想されますが、取り急ぎドコモに対抗するプランとして発表されたソフトバンクの3ブランドについて、ドコモや各社既存プランと比較しながら、その新料金プランのメリット・デメリットなどを解説して行きます。

ドコモの新料金プランの詳細はこの記事を参考にしてください。

ドコモの新料金プランの徹底分析とソフトバンク・auの対抗策
NTTドコモはahamoアハモの発表に続き、既存プランを改定する新料金プラン5Gギガホ プレミア・ギガホ プレミアを発表。docomo・au・ソフトバンクの既存料金プランを比較確認し、新料金・既存プランとの違い・変更点と留意事項を解説。

2021年1月13日に、KDDIは、新たに月額2,480円20GBのオンライン専用ブランド「povo」を立ち上げて、ahamoとSoftBank on LINEとほぼ同等の対抗プランを発表し、UQモバイルの新料金プラン「くりこしプラン」とau本体の「使い放題MAX5G/4G」の値下げプランも合わせて発表しました。

KDDIの新料金プランの詳細とドコモ・ソフトバンクの新料金プランとの比較は、この記事を参考にしてください。

KDDI新料金プランの詳細とドコモ・ソフトバンクとの徹底比較
KDDIはpovoポヴォ、UQモバイルくりこしプラン、auの使い放題MAX5G/4Gの新料金プラン発表。povoはドコモahamoアハモ・SoftBank on LINEの対抗プラン。月額2480円20GB・デザリング無料・トッピング別途

この記事内の金額は、すべて税抜価格となります。

スポンサーリンク

ソフトバンクの新料金プランの詳細とドコモとの徹底比較

SoftBank on LINE(オンライン専用ブランド)

ソフトバンクは、新型コロナウイルスの拡大もあり、オンラインショップでの取扱いが、従来の2倍に増えたことから、そうした環境の変化を踏まえて、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE」を立ち上げ、データ容量20GBで月額2980円(税抜)の新料金プランの提供すると発表し、2021年3月よりサービス開始します。

「SoftBank on LINE」は、現在60%出資する傘下の「LINEモバイル」を2021年3月にLINE株式会社とZホールディングス株式会社が経営統合するのに合わせて事業再編して、ソフトバンクの直営ブランドとして提供します。

気になる料金ですが、ドコモの「ahamo」をかなり意識している点は否めず、全く同じの月額料金2,980円・20GBプランとなっています。

唯一違う点は、「LINEアプリ」がデータ容量を消費せずに、使い放題となる「LINE がギガノーカウント」を提供するほか、オンライン専用ブランド(ソフトバンク店舗。ショップのサポートは受けれない)のため、LINEアプリを通じて、種々の手続きができるようサポートするようです。

また、当然5Gをサポートするほか、eSIMにも対応する予定です。

LINEをよく利用するユーザーにとっては、同一プランなら「SoftBank on LINE」がお得ですね。

プラン名ソフトバンクドコモ
SoftBank on LINEahamo
月額料金2,980円2,980円
データ通信容量20GB/月20GB/月
LINEデータ容量ノーカウント
超過時通信速度最大1Mbps最大1Mbps
ネットワーク4G/5G4G/5G
通話料20円/30秒20円/30秒
5分通話無料オプション
無料無料
かけ放題無料オプション+1,000円/月+1,000円/月

現在のLINEモバイルは「SoftBank on LINE」のサービス提供と同時に新規受付は終了となりますが、既存ユーザーの新サービスへの移行や継続利用については、今後説明して行くとしていますが、新規サービス開始後は「SoftBank on LINE」一本で統一するとのことで、既存ユーザーの取扱いについては情報がわかり次第更新して行きます。

現行のLINEモバイルの料金プラン等の詳細はこの記事を参考にしてください。

LINEモバイルのメリット・デメリットとMNP乗り換えタイミング
LINEモバイルは人気の格安SIM。LINEがデータフリーで、月額料金もキャリアの半額以下で抑えれます。料金プランとそのメリット・デメリットを中心し、乗り換え(MNP)タイミング等を解説します。iPhone SEの1万円引きセール開催中!

ワイモバイル(小中容量ブランド)

Y!mobile シンプルS/M/L新たに発表されたプランは、2021年2月から提供される「シンプルS・M・L」の3プランとなります。5Gも同一料金で利用できます。

また、2020年12月下旬に提供を開始すると予定だった「シンプル20」(4,480円/月)は「シンプルL」と改称して提供されることになります。

新料金プラン「シンプルS・M・L」は、10分通話無料オプション(700円)が月額料金とは別になり、通話の少ない・必要ないユーザーにとっては、その分月額料金が安くなります。

10分通話無料が必要なユーザーには、シンプルプランにプラス700円することで、月額料金では、シンプルS・Mは、既存スマホベーシックプランと同じで、シンプルLのみ、200円安くなります。

ただし、SoftBank on LINEとシンプルLを比較すると、データ容量は同じ20GBですが、家族割等を適用しても、シンプルLの方が300円高くなっています。(適用しない場合は800円差)

シンプル20がドコモのahamoに撃沈されたのと「SoftBank on LINE」の提供開始に伴い、結果的に「シンプルL」は、微妙な料金改定となっています

ソフトバンクでは、この料金改定は、オンラインのサポートと店舗・ショップでのサポートとのコスト差によるものと説明しています。

また、ワイモバイルは、家族ユーザーが多いため、引き続き家族割・おうち割光セットは継続されますが、わかりやすさを追求し、カタログを見なくても選べる料金に仕立てたというコンセプトから、新規割(6月間700円割引)やデータ増量(1年間)等のキャンペーンは一切なくなるようです。

新プラン
プラン名シンプルSシンプルMシンプルLSoftBank
on LINE
月額料金1,980円2,980円3,780円2,980円
-家族割orおうち割-500円適用なし
月額料金(割引後)1,480円2,480円3,280円2,980円
データ通信容量3GB/月10GB/月20GB/月20GB/月
超過時通信速度最大300kbps最大1Mbps
通話料20円/30秒
通話(10分無料/回)+700円
無料(5分/回)
通話(かけ放題)+1,700円
+1,000円
既存プラン
プラン名スマホベーシック
プランS
スマホベーシック
プランM
スマホベーシック
プランR
SoftBank
on LINE
月額料金2,680円3,680円4,680円2,980円
-新規割(6月間)-700円適用なし
-家族割orおうち割-500円適用なし
月額料金(割引後)*2,180円3,180円4,180円2,980円
データ通信容量3GB/月10GB/月14GB/月20GB/月
+増量(1年無料)+1GB/月+3GB/月適用な
超過時通信速度最大300kbps最大1Mbps
通話料20円/30秒
通話(10分無料/回)無料
無料(5分/回)
通話(かけ放題)+1,000円

*7月目以降の月額料金(割引後)

段階制の「ミニフィットPLAN」の変更はありません。

Y!mobileオンラインストア

メリハリ無制限(大容量ブランド)

SoftBank メリハリ無制限ソフトバンク本体は「メリハリ無制限」が発表され、5G・4Gも同一料金で提供されます。

データ使い放題で月額6,580円で、こちらも引き続き家族割・おうち割光セットが適用できます。

また、ドコモの「5Gギガホ プレミア」と比較すると、dカードお支払割適用後料金で、4,480円の同一料金となり、大きな違いは、4Gでも5Gでも同じ料金でデータ使い放題という点ですが、ドコモも5Gと4Gの料金差は、100円なので、アドバンテージとは言えないところです。

キャリア名ソフトバンク
ドコモ
プラン名メリハリ
無制限
メイハリ
PLAN(5G)
5Gギガホ
プレミア
ギガホ
プレミア(4G)
月額料金6,580円8,480円6,650円6,550円
dカードお支払割-170円-170円
月額料金(割引適用後)6,580円8,480円6,480円6,380円
 自動割(~3GB)-1,500円-1,500円-1,500円-1,500円
月額料金(~3GB利用時)5,080円6,980円4,980円4,880円
 家族割(2人)-600円-500円-500円-500円
 家族割(3人以上)-1,100円-1,500円-1,000円-1,000円
 家族割(4人以上)-2,000円
 光回線セット割-1,000円-1,000円
月額料金(最大割引適用後)4,480円5,480円4,480円4,380円
利用データ量/月無制限50GB無制限60GB
超過時通信速度(最大)128kbps1Mbps

2020年12月22日の「ソフトバンク株式会社 新しい料金サービスに関する発表会」の内容をもとに発表内容を紹介しています。

今後、報道資料等で詳細が分かり次第、逐次この記事を更新して行きます。

SoftBank オンラインショップ

今後の動き

今回、ソフトバンクがドコモに追随する新料金プランを発表し、キャンペーンなどの割引をなくしたよりわかりやすい料金プランとしていますが、中身は、完全にドコモを意識した内容で、ブランド戦略もほぼ同じで「ahamo」に「SoftBank on LINE」を、「5Gギガホ プレミア」に「メイハリ無制限」をぶつけ、結果的には同等のプランとなっています。

ただ、今回両社とも、ソフトバンクの「ミニフィットPLAN」やドコモの「ギガホライト」などの段階制プランの変更はありませんでしたが、今後、ソフトバンクは、小容量で低廉な料金プランを望む既存のLINEモバイルユーザをどのように取り扱うのか、その受け皿をワイモバイルのシンプルS(3GB)とするのか、さらに、3GB以下のプランの提供も課題になると思われます。
ドコモも小容量で超低廉なプランを近日中に発表するとしていますので、このエコノミープランの発表も気になるところです。

最後に、未発表のauが、ドコモ・ソフトバンクの発表を受けて、どのような戦略、新料金プランを提示して来るか、さらに、群雄割拠で値下げ合戦が繰り広げられることを期待しています。

2021年1月13日に、KDDIは、新たに月額2,480円20GBのオンライン専用ブランド「povo」を立ち上げて、ahamoとSoftBank on LINEとほぼ同等の対抗プランを発表し、UQモバイルの新料金プラン「くりこしプラン」とau本体の「使い放題MAX5G/4G」の値下げプランも合わせて発表しました。

KDDIの新料金プランの詳細とドコモ・ソフトバンクの新料金プランとの比較は、この記事を参考にしてください。

KDDI新料金プランの詳細とドコモ・ソフトバンクとの徹底比較
KDDIはpovoポヴォ、UQモバイルくりこしプラン、auの使い放題MAX5G/4Gの新料金プラン発表。povoはドコモahamoアハモ・SoftBank on LINEの対抗プラン。月額2480円20GB・デザリング無料・トッピング別途

今後、各社の動きがあり次第、逐次更新・解説して行きますので、引き続きよろしくお願いします。

docomo Online Shop

au Online Shop

SoftBank オンラインショップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました