iPhoneスマホケースの種類・素材・選び方・おすすめ商品

モバイルライフ

新しいスマホを手にした同時に、ほとんどの人がスマホ本体を汚れや傷から守るために「スマホケース」も購入します。

スマホケースは、ルイ・ヴィトンなどの一流ブランドからダイソーなどの100均ものまで、価格帯だけでも、100円から10万円ぐらいまで、ピンからキリまで幅広い商品が販売されています。

その中で、100均のケースで十分という人もいれば、やはり人目に触れるので、デザイン、個性にこだわりたい人など、人それぞれですが、その選択ポイントは、やはり機能、デザインそして価格ではないでしょうか。

そんな多種、多様のスマホケースの中から自分に合った、一番使いやすいものを探し出すには、スマホケースの特徴を知ることが不可欠です。

そこで、この記事では、貴方に一番合ったスマホケースを選ぶことができるように、そのスマホケースの種類・素材ごとにそのメリット・デメリットを解説し、今人気のおすすめ品やおすすめショップも紹介したいと思います。

※ 画像をクリックして画像商品の詳細を確認できます。

スポンサーリンク

スマホケースの種類

スマホグッズの商品開発や通販サイトを運営する「Hamee株式会社」の「スマートフォンケースに関する意識調査」によれば、一番使用しているスマホケースの種類「ケース型」で、全体の74%が利用している結果となっています。

  • 使用しているスマホケースの種類
    「ケース型」「手帳型」「バンパー型」の3つのタイプから、使用してるケースの種類を聞きました。
    その結果「ケース型」が全世代で圧倒的に人気が高く、全体で74%が利用していました。
    引用:Hamee株式会社スマートフォンケースに関する意識調査

上記の通り、スマホの種類は、3種類に大別することができます。

  • ケース型
  • 手帳型
  • バンパー型

それでは、それぞれのメリット、デメリットと特徴を順番に見て行きましょう。

ケース型

ケース型は、最も一般的なスマホケースで、本体をケースにはめ込んで使用します。

メリット

ケース型は、軽量、シンプルなデザインで、この後に説明しますが、素材も豊富で、液晶画面や電源・音量ボタンなどが隠れることもなく、スマホ操作や通話がスムーズに行うことができます。
また、比較的コスパも良いところです。

デメリット

手帳型に比べると、液晶画面が傷付きやすいことや、素材によっては熱がこもりやすいなど、保護性能に劣ります。

手帳型

手帳型は、手帳のようなデザインの見開きタイプのケースになります。

レザーやスエード調などよりファッション性の高い素材も多く、女性にも人気のケースです。

ベルト、ボタン、磁気ベルト、マグネットで閉じる仕様になっており、なかでも開閉に手をわずらわせないマグネット式が人気で楽です。

メリット

手帳を閉じた状態であれば、背面だけなく、画面も傷や落下時の衝撃からスマホを守ることができ、保護性能に優れています。
さらにカバーを折り曲げれるタイプならスマホスタンドとしても利用できます。

また、手帳型なので、ICカードなどを収納したり、カバーにミラーがあるなど機能性も高く、画面も隠れるので、画面を覗かれる心配も減ります。
ケース型と、同様にデザイン、素材を含め選択肢は豊富です。

デメリット

高い保護性能と機能性とのトレードオフで、その分かさばるところ、本革などの材質によっては重くなりがちところがデメリットです。
また、手帳をいちいち開く必要があるのは、不便でとても面倒です。カバーがある分、通話もしにくく、ケース型同様に熱もこもりやすいです。

それ以外にも…

カバーの開く方向に注意

カバーを開いて操作する場合、両手で開く必要があります。

そもそも手帳型は、片手で半開きの状態で、逆の手でスマホを操作することが前提で、カバーが右か左かによって、スマホを持つ手が決まってしまいます。
確かに両手でカバーを開いてからなら、どちらの手でも持てますが、一般的に右利きが左開き左利きが右開きとされているので、何もチェックせずに購入すると、使いずらい結果となるので、注意がが必要です。

これに耐えきれない人はケース型をおすすめします。

磁気カードの影響

マグネット式は、スマホ本体の故障の原因になるほどの強い磁気を発するものでなければ問題ないです。
カード類を収納する場合は、非接触型ICカードや内蔵のキャッシュカードは、磁気の影響を受けることはですが、クレジットカードや身分証明書・病院の診察カードなどで、黒いラインが入った磁気カードは、影響を受けやすいものもあるので、電磁波干渉防止シートを利用するなど対策しておくことをおすすめします。

バンパー型

バンパー型は、スマホ本体の側面のみカバーするスマホケースです。

メリット

iPhoneなどのスマホ本体の側面のみカバーするので、洗練されたデザインをそのまま魅せることができます。

また、スマホ本体の露出される面積が広い分、バッテリーの放熱性もよく、バッテリーの寿命を伸ばすことができます。

デメリット

デメリットは、やはり、画面と背面が露出しているため、傷が付きやすいことです。
ただ、画面・背面に保護フィルム・硬化ガラスを貼ることにより、細かな傷はカバーすることはできます。

バンパー型は、アルミ製のものが多くありますが、最近では、TPUやシリコンを使用したケースも登場してきています。アルミ製のバンパーは、耐久性が期待できるものの、値段は他のタイプに比べるとやや高くなる傾向にあります。

また、側面や角のみを保護するので、デザインや素材の選択肢が少なく、製品によっては、音量ボタンなどを塞いだり、純正以外の充電ケーブルが使用できくなる場合がありますので、注意が必要です。

スマホケースの素材

スマホケースの種類に合った素材を選ぶためには、その素材そのものの特徴を知っておくことが重要です。

次にスマホ―ケースに使われる素材を順に見て行きましょう。

シリコン

シリコン素材のスマホケースは「ケース型」がほとんどですが「手帳型」にも一部材料として使用されています。

シリコンは、ケイ素とも呼ばれていて、加工がしやすく大量生産に向いています。
そのシリコンから人工的につくられた柔らかいゴムのようなシリコン樹脂(シリコーン)を材料として、スマホケースをはじめ、身近なもので、輪ゴムや哺乳瓶、キッチン用品など日々使っている生活用品に採用されています。

このシリコン素材のスマホケースは、クッション性に優れ、衝撃にも強く、滑りにくく手に馴染むことが特徴で、耐熱性もあり、200℃以上の温度に耐えることができます。撥水性もあるので、多少の水なら弾いてくれます。
種類も豊富で、価格も安価のため、100円ショップなどにも多数販売されています。

デメリットは、ゴムのような素材のため、服やズボンのポケットから取り出す時に、引っかかって取り出しにくかったり、ほこりなどが付着しやすいところです。

また、ケースが柔らかいため、すぐに外れてしまうということも多いです。

TPU(熱可塑性ポリウレタン)

TPU素材のスマホケースは、シリコン素材と同様に「ケース型」がほとんどですが「手帳型」「バンパー型」にも一部材料として使用されています。

TPUは、シリコンのような柔らかさと、プラスチックの強度を合わせた持った素材で、クッション性がありながら、耐久力も強くなっています。

TPU素材のスマホケースは、シリコンよりも硬い素材なので、ズレにくいというメリットがあります。

また、シリコン同様、衝撃を吸収しやすいので、破損しにくいのも非常に魅力的です。

さらに、プラスチックなので、ほこりが付きにくく、シリコン素材ほど滑りにくく、ポケットなどからも取り出しやすいです。

TPUは、透明でクリアな素材のため、スマホ本体のデザインを損うこともなく、また、着色、プリントすることもできるので、現在、多くのスマホケースの主流素材となっています。

デメリットとしては、耐熱性が低く、ドライヤーやファンヒーターの熱など、一定以上の温度で変形してしまうことがあります。

また、除光液やシンナーに含まれる化学薬品が付くと変色し、さらに、紫外線を吸収すると、黄色に変色してしまう性質があります。
化学薬品に触れないように、直射日光に当たらないように、注意が必要です

ただ、自然劣化は避けられませんが、最近では、黄変防止加工(酸化防止剤付着)を施したTPU素材もあり、気になる場合は、その加工を施したものを選択しましょう。

そうでない場合は、色の薄いデザインや絵柄のあるものを選ぶと、変色がわかりにくくなるので、長年利用することができます。

PC(ポリカーボネート)

PCは、プラスチックの一種で、PC素材のスマホケースは、主に「ケース型」でハードケースとして使われています。

ハードケースは、スマホの背面や側面を広く保護することができ、デザインが豊富で種類が多く人気があります。

クリアや無地のケースなら、デザインシールなどのデコ素材を貼りつけて、オリジナルのケースを作成することができます。

ただし、プリントされたケースは、剥がれやすく、傷もつきやすく、スマホを落とした時に、ケースが割れるだけなく、スマホ本体が壊れてしまうこともあります。

アルミ

スマホケースの素材として最も強度があります。
そのため、スマホの側面を囲む「バンパー型」に利用されます。

スマホは、長時間使用すると熱を持ち、スマホが熱を持つと、電気が熱に変換され、バッテリーの消耗・劣化が早くなってしまいます。
ケース型や手帳型は、スマホとケースの間に熱がこもり、中々自然冷却ができません。

バンパー型のスマホケースであれば、背面が何も覆われていないため、自然冷却しやすく、アルミ素材は、放熱効果が高いため、アルミ素材のバンパー型スマホケースは、長時間スマホを使う人に向いていると言えます。

ただ、価格が高いことと、背面に何もないことで、傷や衝撃に弱いところがデメリットと言えます。

レザー

レザー素材のスマホケースはナチュラルな質感で、長く使うほど味わいが出ます。

主に「手帳型」に利用されており、定期などのICカードを入れることができるためパスケースが不要となります。

レザー素材は、主に牛革ですが、その次に人気があるのが山羊革と鹿革です。

これらは、高級革素材なので、牛革と比べて価格が高く、高級ブランドのスマホケースなどに使用されています。
また、本革だとオーダーメイドや手作りのものも多く、正しく一点ものと言えます。

機能面では、ケースを閉じれば、液晶画面を保護することができ、万一スマホを落としてしまっても、被害は最小限に抑えられ、スマホスタンドにもなったりします。

ただ、手帳型のケースは、大きくなってしまうことと、通話がしにくい、スマホカメラがそのままでは使えないなどのデメリットもあります。

ハイブリッド

2つの素材を合わせて作られているのが「ハイブリッドのスマホケース」です。

背面にPC素材、側面部にTPU素材を使ったものや、最近では側面部に「9H強化ガラス」を採用したものが主流になっています。

PC素材に比べても、ガラスならではの透明感・高級感と光を反射したときの輝きや傷などの付きにくさは優れています。
あと、少し珍しいものでは、背面が本革のものもあります。

また、スマホ本体にスマホリングやチャームを取り付ける場合でも、全面TPU素材のソフトケースは、取れやすいですが、背面がハードケースなら、しっかり密着するので、その悩みも解決します。

スマホケースの選び方

意識調査の中で、購入する際に重視する点について、全体の36.5%が「デザイン」との回答が一番多く、次いで「機能」(26.6%)「価格」(24.2%)という結果でした。

  • スマホケース購入で重要なのはデザイン。男性の方がブランド志向が高い!?
    購入する際に、「デザイン」「機能」「価格」「ブランド」の4項目で重視している割合について聞きました。
    1位は「デザイン」(36.5%)、2位は「機能」(26.6%)、僅差で3位が「価格」(24.2%)、最後が「ブランド」(12.6%)という結果になりました。
    引用:Hamee株式会社スマートフォンケースに関する意識調査
  • デザイン
  • 機能
  • 価格
  • ブランド

デザイン

スマホケースを選ぶ上で欠かせないのが「デザイン」です。

スマホケースをファッションの一部と考える人もいるほど、デザインは、多くの人が重視しているポイントです。

デザインと言えば、

自分に合った、お気に入りのデザインを探しましょう。

機能

スマホケースの機能で一番重要なのが「耐衝撃性」と「耐久性」です。

耐衝撃性は、落下などの衝撃に対する強さです。すぐに破損してしまうようなスマホケースでは意味がありません。耐久性は、紫外線による変色や小さなゴミ・埃の付着など、日常生活における劣化に強いかどうかを指します。
スマホケースを長持ちさせたい方は、耐衝撃性・耐久性の高いものを選ぶべきです。

その他に使い勝手がいいや便利でいいなどがポイントなります。

例えば、カードを入れることができる収納ポケットがあるものや、小さな鏡が付いているもの、スマホスタンドとしても利用できるものなど、また、写真を撮影する機会が多い場合は、すぐにシャッタが切れるものなどです。

価格

Applivの調査結果によると、半数近くが1,000~2,999円という結果です。実際に販売されているものも、このあたりの価格帯が多いので納得できます。

傷防止などの必要とする実用性を満たしていればよいと考える人は、2,000円未満のなるべく価格を抑えたスマホケースを利用し、性能やデザインにこだわる人は、5,000円未満のものを購入しているようです。ブランドにこだわる人は、価格もこだわない傾向にあります。


引用:Appliv(運営会社:ナイル株式会社)

ブランド

スマホケースは、ファッションの一部なので、おしゃれ好きやこだわり派にとって、海外の高級ブランドは、新たなファッションアイテムとして注目の的です。憧れの高級ブランドからも、続々と素敵なデザインが登場中です。

バッグを買うよりも気軽に手に入れられて、毎日がワンランク上の気分で生活することができます。

ただし、新型iPhoneなどの新端末に対応する発売は遅れる傾向があります。

人気話題のおすすめのスマホケース

今回は、最新のiPhone 12シリーズのスマホケースを中心にご紹介します。
iPhone SE2やその他iPhone、Android端末も同様の商品がありますので、参考にしてください。

ケース型

新しいiPhoneを購入したばかりの人には、やはりiPhone本来の美しさを十分に活かすことができる透明なクリアケースです。背面に「PC素材」側面部に「9H強化ガラス」を採用しています。


TRARAS世界累計販売数1745万個突破(2020年1月時点)の人気ブランド「iFace」は、有名人などの愛用者も多く、高校生から年配の方まで、老若男女問わず人気があります。
女性のSラインをデザインした形が持ちやすく、2つの素材で耐衝撃性も高い「iFace First Class」が最も人気があります。


iFace

手帳型

すぐボロボロになる合皮・PUレザーの手帳型ケースは問題外ですが、本革でも使い込むとペラペラにくたびれてしまいます。
「NeedNetwork」の始まりは、そんなケースを使うのが嫌で「なければ自分で創ろう!」というオーナーの思いからスタートしているので、モノが違います。
手帳型ならNeedNetworkの製品がおすすめです。

NeedNetwork(ニードネットワーク)

外部のカバーは上質な合皮レザー素材を採用しており、放熱性や耐衝撃が良く、傷やほこりを防ぐことができるスマホケースです。
インナーケースは弾力性のあるソフト素材を採用しており、角までしっかり保護できます。

Rssviss

バンパー型

レンズ保護フィルムが付属し、スマホとの一体感を高め、美しさを引き出します。
カメラレンズの厚さを厚くすると、レンズ面がテーブル面などに接触せずに傷防止になります。

強力なマグネットを内蔵しているため、ネジを使わずに取り付け、取り外しができ、1秒で取り付けることができとても簡単です。

アルミニウム+メッキPC枠、独自の金属蒸着処理を使用して、繊細かつ洗練された高光沢仕上げを実現し、背面が透明感の高さにより、iPhoneの美しさをそのまま楽しむことができます。
ワイヤレス充電にも対応できます。


Amazon売れ筋ランキング(スマホケース)

人気話題のおすすめのスマホケース専用ショップ

スマホケースは、3種類に区分されますが、素材、デザイン、ブランドなどの違いにより、現在数十万点にも及ぶ商品が販売されています。

やはりご自身で自分に合ったものを選択するのが一番です。

そんなあなたに、おすすめ商品以外にも、これからご紹介するスマホケースの専門店、ショップなら、さらに数多くのデザインの中から選択することができます。

これらショップは、現在販売されているスマホケースのほとんどを取り揃えていますので、ぜひ、覗いて見て、自分合ったものを見つけてください。

Hamee

Hameeは「iFace」「salisty」「patchworks」等のスマホケース・スマホグッズブランドを展開する総合公式通販サイトです。

 

SNSで大人気の「iFace」(正規代理店)をはじめとしたiPhoneグッズ、iPhoneなど最新機種の人気スマホケース、充電器・バッテリーなど周辺アクセサリーも充実しています。

また、ディズニー・マーベル・スターウォーズ・ムーミン・スヌーピー等のキャラクター自社商品や、ifaceやRoot co.・GALGANO・trouverなどの自社ブランドや最新スマホグッズが豊富に揃っています。

Hameeは、TV・雑誌出演商品も多数あり、東証一部上場企業だから品質も安心ですね。

Hamee公式サイト

WAYLLY

「WAYLLY」(ウェイリー)は、平らな壁ならどこでも「くっつく」次世代スマホケースとして、今マスコミで話題沸騰中です!

ヒルナンデスやスッキリ、ズームインサタデー、みんなのニュースで、特集が組まれるほどの人気ぶりで、発売開始以来、多くの方が愛用し、 SNSでも超話題のアイテムになっています。インスタグラマーと呼ばれる数多くの芸能人、有名人がこのWAYLLYを絶賛紹介しています。

この「くっつく」を実現可能にしているのは、「ナノサクション」という特殊技術で、ナノサクションは、ナノレベルの小さな吸盤で出来た新素材でできています。

このくっつく機能により、自撮りはもちろん、動画撮影、動画鑑賞や天井に貼ってみたりして奇想天外なTik Tok撮影などにも利用することができます。

WAYLLYは、使い方次第で無限の可能性を秘めているモバイルアイテムです。

WAYLLY

COLLABORN

スマホケース専門店の「COLLABORN(コラボーン)」は、おしゃれなデザインと機能性で差がつく人気のスマホケースを見つけることができます。

おしゃれなデザインの手帳型、便利なカード収納&ミラー付など女性に人気のかわいいスマホケースがいっぱい!です。
iPhoneをはじめ、Android系のXperia、GALAXY、AQUOS、ARROWSなど190機種対応で種類が豊富です。

 

多数の有名ファッションブランドやかわいいキャラクターとのコラボデザインも多数取扱い中です。

また、スマホケース以外にも、液晶保護フィルムをはじめ、有ると便利なバンカーリング、イヤホン&オーディオ、エアーポッズケース、ケーブル、モバイルバッテリー、ACアダプター&充電器、ストラップ、その他様々なスマホアクセサリーやスマホに関わるグッズ・アイテムも豊富に取り揃えていますので、きっとお気に入りの商品が見つかるはずです。

COLLABORN

UNiCASE

UNiCASE(ユニケース)は、ユニークで厳選されたiPhoneケース等を豊富に取り揃え、

オリジナル・可愛い・トレンド・便利をコンセプトとしたアイテムを発信するスマートフォンアクセサリー専門店です。

かわいいiPhoneケース、珍しいiPhoneケース、その他限定のスマートフォンアクセサリー、アプリとスマートフォン連携グッズ、Bluetooth対応のイヤホン・スピーカーなど1000を超えるメーカー・60,000種類以上の商品を取りそろえています。

iPhoneケースもぞくぞく入荷!

個性的デザインのケースが豊富!人気の手帳型ケースも数多く取り揃えています。
その他にもiPhoneのデザインを楽しめるクリアケース、ビジネスシーンに合うレザーケース、かわいいケースも充実しています。

UNiCASEだけの限定アイテムも充実!

他のストアでは手に入らないおしゃれなアイテムが多数勢揃い!
人気のブランドコラボやUNiCASEオリジナルライン、限定商品、定番商品は、是非一度見る価値がありますよ。

UNiCASE

AppBank Store

Storeは、お馴染みのAppBankが120%おすすめするiPhoneに関わるアイテムを中心に取り揃えているECショップです。

取扱商品は、iPhoneケースのみならず、iPadケース・保護フィルムモバイルバッテリ・iPhoneアプリ関連キャラクターグッズなど、iPhoneに関するモバイルアイテムがすべて揃います。

パズドラ、モンスト、Deemoといったキャラクターとのコラボ商品多数用意されています。

AppleBank Store

Amazon Appleストア

AppleのiPhoneアクセサリは、Amazon内のAppleストアなら、1%ポイント還元されます。

例年12月初旬に開催される「サイバーマンデー」や年始に開催される「初売りセール」、年1回のプライムデーなどの各ビックセールには、過去に10%のポイント還元もありましたので、狙い目です。

Amazon Appleストア

キャリアショップ

ソフトバンクセレクションオンラインショップ

国内外の最新のスマートフォンアクセサリーやスマートグッズを厳選してお届けするソフトバンクのセレクトショップです。
iPhone、iPadのスマートフォンアクセサリーのトータルブランドで、オンラインならではの豊富な品揃えです。

SoftBank SELECTION

docomo Online Shop

キャリア最大手ドコモの公式オンラインショップです。

24時間docomo select・オプション品が購入でき、ドコモポイントも利用できます。
豊富な品揃えで、オンライン限定商品もあり、安心の返品保証付きです。

docomo Online Shop

Curike(クリケ)

クリケとは、自由自在のデザインで世界に一つだけのスマホケースが作成できるサービスです。

さらに自分の作ったデザインを販売もでき、クリケを利用して作成したスマホケースを購入もできます。

1個から作ることができるので、世界に一つだけのスマホケースを作ることもできます。

自分のオリジナルスタンプや写真を使ってアイテムを製作できますし、クリケにもデザイン用の素材が豊富にあるのでそこからアイテムを作ることも簡単にできます。

デザインは自由ですが、ケース素材が、ハードタイプのクリアケースとベルトなしの手帳ケース(マグネット開閉式)に限定されているので、素材にこだわる方は、おすすめできないところです。

クリケ公式サイト

最後に

今回は、3種類のスマホケースを紹介しました。
それぞれメリットデメリットがありますが、自分にあった使い方ができるものを選んでいただくことで長くスマホケースを使用することができます。

スマホケースを選ぶときは、4つのポイントをチェックすると、デザイン性に優れ、機能性の高い、使いがってのよいスマホケースを選択することができます。

  • デザイン
  • 機能性
  • 価格
  • ブランド

おすすめ商品は、人気のデザインで、最新の機能性を備え、かつ価格もリーズナブルなものをご紹介しましたが、多種、多様のスマホケースの中のほんの一部に過ぎません。

今回ご紹介したおすすめショップは、品質は問題なく、安心して選んでいただける商品を取り揃えていますので、ぜひ、自分に合った、使いやすいものを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました