ahamo・povo 2.0・LINEMOがAmazonに登場!

iPhone・iPad「そろばん」アプリ~そろばんで右脳を鍛えよう!

iPhone/iPad

今の小学生は、当たり前のように学習塾に通っていますが、昭和の小学生は、そろばん(算盤)塾に通うのが、当時の流行りで普通でした。

私も小学校2年から6年生になるまで通い、その間に「日商珠算能力検定試験1級」に合格し、地元市の競技大会で個人優勝2回、準優勝3回、大阪府主催の百傑選定会で48位、国民珠算競技大会にも参加した経験があります。

全珠連の検定試験は、暗算検定1級と珠算検定2段も取得しました。

f:id:rcoing:20190720194340p:plain

元々そろばんをやりたくて塾に通ったわけではなく、当時は、みんなが行くから行くという感じで、親もそろばんぐらいは習わせた方がよいと思い通っていました。

ある日、母と近所の市場に買い物に行った際、母が買い物かごに商品を入れるたびに値札を見て暗算し、レジにかごを置いたところで、支払金額を母に伝え、レジのおばさんが手入力したレジ結果と一致していることに、母を驚かせたことを思い出します。

f:id:rcoing:20190720181901g:plain

また、小学校高学年になる計算ドリルを授業でやるのですが、周りは10分かかるものを私は1分以内で終わらせて誇らしげにいた自分を今でも覚えています。

f:id:rcoing:20190720182046p:plain

当時のエピソードや自慢話しはこれぐらいにして、そろばんを習うことは、多くの効用があります。

この記事では、小さい頃に右脳を鍛えることがいかに重要で、そろばんがいかに有効かを解説して行きます。

また、そろばんが初めての方や初心者の方で、そろばんを持っていなくても、そろばんの基本が学べるおすすめのiPhone・iPadの「そろばん」アプリや最近めっきり少なくなったそろばん教室(塾)に代わる「オンライン教室」も合わせてご紹介します。

右脳を鍛える重要性

右脳を鍛えるメリットとは

最新研究によると、珠算式の暗算が「右脳」教育に役立つことが分かってきました。

「暗算」には、2種類あり、学校で習う「筆算式」「珠算式」の暗算です。

両者の違いどこかにあるかというと、脳のどこを使って計算するかにあります。

筆算式では「左脳」を、珠算式では「右脳」を使うことが研究によって明らかになっています。

それでは、右脳と左脳では何が違うのでしょうか?

一般的に右脳は感覚や感情などの感性を司り、左脳は言語や論理、数字などの理性を司ると言われています。

f:id:rcoing:20190720174147p:plain

つまり、人間の脳はパンクしないように、左右の役割分担がうまくコントロールされています。

その使い分けは、ものごとを記憶する時にも、無自覚のうちに行われています。

例えば、教科書・参考書や自分の暗証番号やパスワードを覚えようとする時には左脳を、海外旅行で行ったまぶしい砂浜の光景を自然のうちにイメージとして記憶するのは右脳、というようにです。

しかし、現代の義務教育の授業では、数式を解いたり、漢字、歴史を覚えたりといった左脳を鍛えることに多くの時間を費やし、個々の感性を磨く、音楽や美術の授業の割合は極端に低いと言えます。

義務教育の音楽・美術等の芸術科目における授業時限数の減少に関する質問主意書

なぜ、日本人は中・高・大学と10年間英語を勉強してきて英会話ができないのか!

まさに左脳を使った勉強重視だったからです。

そろばんで右脳が鍛えられる

昭和の時代の暗算というと、そろばん塾の先生が声に出して読み上げる「読み上げ暗算」でしたが、今は、PCを使って数字を画面に表示させる「フラッシュ暗算」が主流で、いずれも、右脳のトレーニングを行うことになり脳の活性化につながります。

それはなぜか?

そろばんの経験のない人は、計算するときは、筆算式を使いますが、私は、頭の中にあるそろばんを使って計算します。

つまり、頭の中に、そろばんを映像化、イメージ化して、そのそろばんを使って、先生が読み上げた数字やPC画面に表示された数字をそのそろばんで、弾いて計算結果を導き出すのです。

まさに右脳ではないとできない技なんですね。

f:id:rcoing:20190720192714j:plain
画像引用:全国珠算学校連盟

一時インド式計算法百マス計算が流行りましたが、これはまさに筆算式同様に、左脳を駆使した計算法で、珠算式の暗算とは、脳の使い方がまったく違うのです。

現代では、学校でも会社でも、左脳を中心にものごとを論理的に考えることが重視されますが、それだけでは、学校では良い成績を上げられても、社会に出たら、ものごとが考え通りに進まず、右往左往したり、会社でも、ルーチンは正確にこなせるが、そのルーチンを改善するとなると、その変化を拒んだりします。

脳は、右脳と左脳とが独立して存在するではなく、相互に補完し合う関係にあります

論理的思考を司る左脳の働きと直感的思考を得意とする右脳が互いにサポートする関係でないと、素晴らしいアイデアを生み出したり、急速な変化に柔軟に対応したりができなかったりするのです。

そのため、左脳を使う傾向の多い日常において、日頃から意識して、右脳を鍛えることにより、脳のバランスをよくしておくことが重要になるのです。

そろばんの効用とは

そこで小さいころから、そろばんで右脳を鍛えることで、人間のさまざまな能力が向上します。

「集中力」が向上する

そろばんの検定試験や競技大会では制限時間内に正確な回答が求められます。

特に競技大会は順位戦ですので、1問のミスも許されません。

指先に全神経を集中させて計算することで、集中力が身につき、指先と脳(右脳)と結びつくことで、直観力や感性が向上します。

「情報処理能力」が向上する

そろばんは、見取り算から読み上げ算まで数字を瞬時に把握して計算し、その答えを解答用紙に数字で記載するまで、脳へのインプットからアウトプットを瞬時に正確に行うことで情報処理能力が向上します。

「記憶力」が向上する

珠算式暗算は、そろばんをイメージ化し右脳で処理して計算結果を導き出します。

このイメージ記憶のトレーニングは、直観像として長く記憶にとどまり、いわゆる一般の試験や一夜漬けの勉強などで使用される記憶方法(左脳使用)は短期間で忘れてしまうことが多いことでもよくわかります。

特に小さいころから、珠算式暗算を始めて右脳を鍛えるほど、記憶力が確実に向上します。

「観察力」が向上する

そろばんでミスが許されないトレーニングを繰り返していると、集中力と同時に、数字を注意深く読みとる観察力が高まってきます。

注意深く数字を見ることで、数字を観察する行動が生まれ、数字を駆使して様々な分析する力が生まれてきます。

「直観力」が向上する

問題解決・発明などのイメージやひらめきは右脳から発生すると言われており、問題解決の思考回路を最短距離で結ぶ「脳力」が開発されます。

そこにはまわりに惑わされない集中力も必要になります。

「認知機能」が向上する(認知症予防)

幼少期に右脳を鍛えておくと、高齢になっても、ある程度の認知機能が維持され、高齢者であっても、簡単な計算(暗算)などを続けることで、脳の働きが高まるという研究結果も出ています。

指先で珠を弾くことで、脳を刺激し、特に、読み取り暗算・読み上げ暗算は、目と耳からも、脳の様々な機能を活性化させることができます。

「そろばん」の勉強法

そろばんを習うには、小さい頃(幼稚園・小学生低学年)から、そろばん教室・塾に通うことをおすすめしますが、そろばんを習わせたいと思っても、近所に教室がなかったり、通わせたいと思っても、共働きなどで、送り迎えも難しい、費用負担も大きいと思っている親御さんも多いと思います。

また、一方では、そろばんの効用から、中高年から高齢の方々まで、筋トレやダイエットだけはなく、脳トレや認知症予防として、そろばんを始める方も増えています。

特にお子さんにそろばんに興味を持たせるには、やってみようかなという気持ちにさせることが重要です。

それには、まずは、iPhone・iPadの「そろばん」アプリがおすすめします。

ゲーム感覚で、そろばんの基本、使い方を知ることができ、そろばんに興味を持たせることできます。

それで、興味が持てれば、そろばん教室に通えばよいでしょう。

そろばん教室なら、専門講師の指導を受けれるだけでなく、同じ教室の仲間と競い合うことで、競争意識が芽生え、自然と検定試験に挑戦できる実力を身に付けることもできます。

そして、子供の右脳を発達させ、中高年の認知症予防にも効果的なら、一石二鳥です。

iPhone・iPad「そろばん」アプリを利用する

iPhone・iPad「そろばん」アプリには、楽しくゲーム感覚できるもの、計算問題・試験対策ができるものやフラッシュ暗算ができるものなど、使う方のレベルや興味に合わせてアプリを選ぶことができます。

おすすめアプリをいくつかご紹介します。

※アプリのアイコンをタップすると、App Stroreからアプリをダウンロードできます。

そろばんトレーニング

そろばんを弾けるアプリで、問題を作る機能もあるので、実物のそろばんの練習にも使えます。

初心者から上級者まで利用できる内容なので、一番おすすめするアプリです。

  • そろばん入門
    初心者向けに基礎知識(Lesson1~11)から、実物のそろばんを弾いて、練習をすることができます。
  • 自由に練習する
    たし算・ひき算・かけ算・わり算別に、自由に問題を設定して、練習することができます。
    桁数は最大1~10桁、口数は3・5・10・20口から設定できます。
    実物のそろばんを使用すると、効果的です。

  • 級で練習する
    たし算・ひき算・かけ算・わり算別に、実際の検定試験の級とは違いますが、レベル別に練習することができます。

  • 読み上げ算
    たし算・ひき算別に、読み上げ算を練習することができます。
    桁数は最大1~10桁、口数は3・5・10・20口から設定でき、読上速度・待機時間も設定することができます。

  • 自由にそろばんを使う
    問題を解かずに自由にそろばんを使うモードです。
    弾いた珠の数字が表示されるので、初心者の指慣らしに最適です。

  • 練習回数/練習時間
    練習回数・時間の履歴を管理することができます。

そろばん入門

そろばんを学び、暗算できるようになるのが、このアプリの目指すゴールです。

そろばん入門シリーズとして、レッスンは丁寧でわかりやすく、お手本機能が充実しています。

また、より効率よくそろばんを習得するために、指の動きに着目したトレーニングや暗算のコツをつかむための暗算トレーニングなど独自のトレーニングが追加されています。

そろばん入門シリーズには、四則計算に特化した3つのアプリも用意されています。

※基本無料(広告あり)ですが、App内課金があります。

そろばんドリル

そろばん初心者から中級者までを対象とした、そろばん練習用アプリです。

画面内のそろばんで、どこでも気軽にみとり算やかけ算などの練習をしたり、珠算検定の模擬試験を体験することができます。

また、実物のそろばんを使っても同じように練習できます。
模擬試験の用紙を印刷することで、より本番に近い環境で訓練できます。

それでは、実際にそろばんを弾いて、問題を計算してみましょう!

「れんしゅう」から「たし算」を選択します。

たし算の問題を設定します。ここでは、桁数3けたで、5問出題されます。

問題が表示されたら、そろばんを弾いて(ドラッグして)計算して「こたえをかく」欄をタップします。

「こたえをかく」欄に計算結果を入力して、「✓」をタップして、次の問題に進み、答え合わせは5問終了時に行います。

  • たし算/ひき算
  • みとり算
  • かけ算/わり算※
  • もぎしけん※
    全国珠算教育連盟(3級〜10級)
    日珠連/日商(2級〜10級、暗算1〜7級)

※ かけ算、わり算、模擬試験はアプリ内課金にて利用できます。

※ 基本無料(広告あり)ですが、App内課金(買い切り390円)があります。

フラッシュ暗算DX

「フラッシュ暗算」は、珠算式暗算の練習のために作られ、この「フラッシュ暗算DX」は、本格仕様のフラッシュ暗算アプリです。

3つのモードを搭載して、初心者から上級者まで幅広く利用することができます。

動画は、練習モードで、口数7・桁数2の基本的なフラッシュ暗算となります。

【主な機能】

  • マルチユーザー
    最大10人まで登録が可能で、記録も個別に管理できます。
  • 練習モード
    自分の実力に合わせて、「口数」「桁数」「表示間隔」「マイナス」の有無・カンマの有無を調整できます。
    (表示間隔は、右上のアイコンから「合計秒数」に変更することができます。)
  • 検定モード
    簡単な「10級」から、最難度の「十段」まで全20段階に対応しています。
  • 競技モード
    実際のフラッシュ暗算競技をモチーフにしたサバイバル形式のモードです。
  • 全国ランキング
    競技モードと級位&段位別の成績上位ランキングが表示されます。
  • コンフィグ設定
    プレイ中の背景色・文字色・テンキー配列など、細かなカスタマイズが可能です。

オンラインのそろばん教室を利用する

オンラインのそろばん教室なら、自宅にいながら、専門講師とZoomなどで、リアルタイム双方向で、そろばんを習うことができます。

アプリでは、珠を弾くことはできませんが、そろばん教室なら、実物のそろばんを弾いて練習することができます。

今回おすすめするのが「よみかきそろばんくらぶ」で、オンライン教室ならではの特徴をご紹介します。

「そろばん」だけでなく、「読み方」「書き方」も習うことができます。

クラスは、「幼児クラス」「小中学クラス」「一般クラス」があり、3歳以上の子供から学生・大人まで受講することができます。

時間帯が選べる

オンラインなら、選べる授業の時間帯が幅広いので、親御さんの仕事の都合で、遅い時間を希望する場合も対応することができ、

いつでも振替ができる

お子さんの体調不良や急な用事でおけいこが日程的にできなくなった時でも、他の曜日時間に振替ができます。

安全・健康面の不安を解消できる

自宅で受講できるので、感染症の感染や通学時の事故などの不安がなくなり安心・安全です。

日本全国・海外からも授業ができる

引っ越しても、安心して続けることができます。

大人もオンライン教室で授業できる

幼児コース・小中学コース・一般コースをご用意。子どもだけでなく、学生や大人の方も、そろばん・かきかた・よみかたを長く学ぶことができます。

無料体験後に申し込みできる

体験授業(無料)を受講してから申し込みができるので、安心です。

体験日の翌日までに手続きすれば、入会費用が4,400円割引となる特典があります。

体験授業の申し込み(無料)はこちらから

よみかきそろばんくらぶ公式サイト

最後に

「右脳」は、物事を直感的にとらえると言われていますが、感覚、直感、イメージなどがこれにあたります。

学校教育では、論理的にものごとを考えることに比重を置かれているため、感覚、直感、イメージなどにあまり注目されませんでしたが、実はこの右脳こそが、潜在的は能力を引き出すキーであり、ここ数年多くの右脳に関する多く書籍が出版され、脚光を浴びるようになりました。

レオナルド・ダ・ビンチ、モーツァルトをはじめ多くの芸術家や相対性理論で有名なアインシュタインも、右脳の能力がずば抜けていたと言われています。

f:id:rcoing:20190720181004j:plain

また、エジソンの「1%のひらめき」は、右脳の能力から導き出されるものなんです。

このように、右脳は未知の力を秘めているのです。

f:id:rcoing:20190720181123j:plain

電卓やパソコン、スマホのある時代に「そろばん」なんてと言わずに、ぜひ、中高年の皆さんも、「そろばん」をやって、右脳を鍛えて脳のバランス化を図り、個々の「脳力」を引き出していただければと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました