ahamo・povo 2.0・LINEMOがAmazonに登場!

Web3を革新するDePINプロジェクト「Meson Network」

Web3

Meson Network(MSN)とは

Meson Network(メソンネットワーク)は、Web3の革新を成し遂げるだけでなく、「DePIN(分散型物理インフラストラクチャ)」のプロトコルとして、余った帯域幅を提供することで、「CDN(コンテンツ配信ネットワーク)」に参加することができる新しいアプローチを提供しています。

DePINとは、現実世界におけるさまざまな環境の物理インフラを交換するブロックチェーンベースの管理システムです。

CDNとは、コンテンツ配信ネットワークの略称で、世界中のユーザーにコンテンツを高速かつ効率的に配信するために使用されます。例えば、ウェブサイトやアプリケーションの画像や動画などのコンテンツを、物理的に近い場所に配置されたサーバーから提供することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

Meson Networkのノードは、アイドル状態の「帯域幅」を利用しています。
これは、ユーザーがインターネットに接続している際に使用されていない帯域幅のことを指します。

帯域幅とは、ネットワークの単位時間あたりに送信できるデータの最大容量です。

Meson Networkは、この余剰の帯域幅を利用して、CDNと同様の役割を果たし、コンテンツの高速かつ効率的な配信を実現します。これにより、ノードがデータをキャッシュして、物理的に近いコンピューターに配信することで、通信を最適化します。

例えば、日本にあるMeson Networkのノードが、日本のユーザーからのデータリクエストを受け取り、そのデータをキャッシュして高速に配信することができます。
このような分散型のアプローチにより、通信の遅延を最小限に抑え、ユーザーに快適な体験を提供します。

また、ユーザーは、自宅のインターネット回線をMeson Networkに接続し、ノードの帯域幅を提供することで、「MSNトークン」を受け取ることができます。
個人でもCDNのインフラ側に参加し、割安なCDNサービスを提供することが可能になり、CDNサービスの一部となり、その活動に報酬を得ることができるのです。

Meson Networkは、Web3の分散型ストレージや計算、Dappエコシステムの発展に寄与します。

貴方もMeson Networkの未来への貢献に参加しましょう!

Meson Networkのしくみ

Meson Networkのしくみをより具体的に見て行きましょう。

Meson Networkは、普段使われていない帯域幅を有効活用して、ウェブサイトやアプリの高速な表示を実現します。

例えば、あなたが日本に住んでいて、南米にあるウェブサイトにアクセスしたいとします。
従来の方法では、南米までデータを送るためには時間がかかります。
しかし、Meson Networkを使えば、日本にあるMeson Networkのコンピューターが南米のウェブサイトのデータを持っており、それをあなたにすぐに提供できます。
つまり、Meson Networkは、データをあなたの近くに持ってきて、速く表示するのです。

Meson Networkは、そのサービスを提供するコンピューターに報酬を与えます。
この報酬は、Meson NetworkのMSNトークンとして支払われます。これにより、誰でも自分のコンピューターをMeson Networkに接続し、他の人々に役立つことができます。

このシステムの利点は、高速なインターネット接続を必要とする人々が手軽に参加でき、また、既存のインフラストラクチャを最大限に活用することで、コストを抑えることも可能です。

Meson Networkは、インターネットをより速く、効率的に、そして包括的にすることを目指し、世界中の人々がより良いオンライン体験を享受できるようになります。

Meson Networkの主要製品

Meson Networkでは、分散型で構築されたネットワークを活かすために、GatewayX、GagaNode、IP Colaと呼ばれる3つのプロダクトを用意しています。

GatewayX(データアップロードと共有の新たなホーム)

Gateway Xは、新しいデータアップロードと共有のプラットフォームです。
これは、既存の分散型ストレージ(IPFS、Filecoin、Arweave、BNB Greenfield)の非効率性を解消するために開発されました。
ユーザーは自分自身のIPFSゲートウェイを立ち上げ、高い効率性と低コストでファイルをアップロード、保存、共有できるようになります。

IPFS(InterPlanetary File System)は、分散型のファイルシステムです。従来のWebやインターネットの仕組みでは、データは中央集権的なサーバーに置かれ、ユーザーがそのサーバーにアクセスしてデータを取得します。しかし、IPFSではデータは分散されたネットワーク上に保存され、ユーザーはそのネットワークからデータを取得します。

具体的には、この非効率性は高速道路の交通問題に例えられます。
IPFS市(ipfs.io)への商品配送ルートは1つしかありません。需要が増えればどんなに道路を広げても渋滞が発生します。
Mesonは、世界中に衛星都市を建設し、ユーザーは、ipfs.ioハイウェイを利用する必要はありません。しかし、初期段階ではリスクがあり、ほとんどのユーザーは依然としてIPFSの主要都市に商品を集め、中間都市の衛星都市も主要都市から商品を受け取るために、ipfs.io高速道路を利用する必要があります。
結果として、中間ユーザーのトラックは他のユーザーと渋滞に巻き込まれ、衛星都市ではサービスの可用性が高くないことが示されます。

Gateway Xは、これらを解消し、データの取り扱いがスムーズになり、より効果的なストレージネットワークが実現されます。

GagaNode:(自宅のインターネットでトークンを獲得)

GagaNodeは、自宅のインターネットを活用した分散型のプラットフォームです。
これは、Web3技術によってIPv4アドレスの不足を解消することを目指しています。
ユーザーは、自宅のアイドル状態の帯域幅を提供し、その対価としてトークンを獲得することができます。
また、GagaNodeを利用することで、プライバシー保護と検閲のない環境を実現します。

IPCola(ビッグデータの新たなプレイヤー)

IPColaは、カスタマイズ可能なビッグデータソリューションです。

このプラットフォームは、GagaNodeを搭載し、時間を節約しながら膨大なWebデータにアクセスできるようにします。
AI、ソーシャルメディア、広告テクノロジー、eコマースなど、様々な業界で利用され、確実に動作するプロキシ機能を提供します。

Introduction | IPCola Docs
Bandwidth trading platform built on blockchain.

Meson Networkとの主なパートナーシップ

Meson NetworkのVC投資家には、OKX Ventures、 SevenX Ventures、Hashkeyなどの超一流な投資家さんが20社以上集まっております。現段階で既に、2000万ドル以上資金調達されております。

AWS(Amazon Web Services)

Meson Networkは、企業や開発者がMeson Networkを立ち上げるプロセスを簡素化することを目的として、AWSとのパートナーシップを発表しました。この協力により、Meson Networkの信頼できるデータセンターノードの構築が進められます。

Meson Networkは、過去数年間、Web3ユーザー向けに分散型コンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービスを提供してきました。しかし、これはMesonのVector Planの一部に過ぎません。Vector Planの主な目標は、NasdaqのようなプラットフォームであるMeson Exchangeを構築することです。この計画は、Meson Networkが目指す市場の変革に向けられており、従来の契約主導型の市場からプロトコルによって管理される市場への移行を意味します。Meson Networkが直面する帯域幅市場の課題は、Meson Exchangeの開発を通じて解決されています。これらの課題には以下が含まれます:

  • ロングテール、中規模、エッジのサプライヤーを集約する必要性。
  • Web2とWeb3の双方に増加する帯域幅の需要に対応するためにこれらのサプライヤーを活用すること。
  • 中間者交換を通じてネットワークに参加する大規模なサプライヤーと需要を引きつけること。
  • Mesonモデルを拡張して、他のインフラストラクチャ製品の同様の課題に対処すること。

AWSがMeson Networkに提供するサポートは、これらの目標を達成する上で非常に重要です。企業や開発者は、AWSでMesonノードのデプロイを容易に開始できます。以下のオプションが利用できます:

  • すでにAWSアカウントを持っている場合、ノードのセットアップには約5分かかります。
  • AWSアカウントを持っていない場合は、1,000ドルのクレジットが含まれる無料トライアルから始めることができます。 AWSは、AWS Activateを通じてスタートアップ企業が革新的なアイデアを実現するためのサポートを提供しています。

この導入イニシアティブは、Mesonノードを実行する個人にとってユーザーフレンドリーで信頼性の高い手段を提供することを目指しています。また、パイプラインでのバリデーターのサポートも計画されています。

OKX Ventures

世界をリードする仮想通貨交換およびWeb3テクノロジー企業であるOKXの投資部門である「OKX Ventures」が、2024年3月18日に最新情報を公表しました。

OKX Venturesは、AIやWeb3技術の成長を後押しするMeson Networkへの投資を次のように発表しました。

Meson Networkは、スケーラビリティ、効率性、最先端のテクノロジーに注力し、分散型帯域幅とビッグデータソリューションの分野で素晴らしい進展を遂げています。Mesonの分散型ネットワークは、コミュニティの支援により、現在153カ国に250,000以上のアクティブノードを持ち、帯域幅容量は約26Tb/sに達しています。これは、Akamaiの10分の1に相当します。これらの成果は、将来の拡張のための安定した基盤を築いています。

OKX Venturesの創設者であるDora Yue氏は、「AIが世界を席巻する中、AIモデルを有機的かつ大規模に進化させるにはデータフィードが不可欠です。Web3の環境では、Mesonは分散ストレージとコンピューティングのためのデータ送信に多大な貢献をしてきました。これにより、DApps、スマートコントラクト、およびIoTへの迅速なアクセスが可能になります。これにより、Web3でのユーザーエクスペリエンスが向上し、ArweaveやFilecoinの重要なインフラストラクチャが形成されます。Mesonは、分散型物理インフラストラクチャネットワークで開発者を支援し、ユーザーにIP Colaを提供します。データ、情報、インテリジェンスのユースケースのプロトタイプです。私たちは、Mesonの帯域幅市場によってもたらされる価値の変化を熱心に期待しています。」と述べました。

ロードマップ

2020年からのMeson Networkのイベント・ブロジェクト内容を一覧にまとめています。

年度イベント/プロジェクト
2020年– Mesonのプロトタイプを納品する
2021年– Testnet-1.0を起動する
– IPFS と Arweave をストレージ層として統合
– Testnet-2.5 を起動する
– HTTP302に基づいた構造を開発
– ビデオおよびライブ ストリーミング プラットフォームを強化
– テストネット トークン マッピング コントラクトをデプロイ
– Meson Improvement Proposals(MIP)を追加
– 早期採用者をターゲットにする
2022年– トークンモデルのドキュメントをリリースする
– トケノミクス ベータ 1
– 製品版を出荷する
2023年– ガガノードを起動する
– 住宅用帯域幅アグリゲーターを立ち上げる
– IPColaを立ち上げる
– Gateway X のサポートを開始
– ゲートウェイ X を K8S に変更する
– Meson Explorer を起動する
– Mainnet-1.0を起動する
2024年– Mainnet-2.0: EVM 互換ブリッジ全体をサポート
– ガガノード用サポートソックスを開始
– 帯域幅交換(スポットマーケット)を開始
– Mesonベクトル計画を開始
– 帯域幅取引所(デリバティブ市場)を開始
2025年– Mainnet-3.0: Mesonブロックチェーンを開始
– 開発者/クラウド サービス プロバイダー/テレコム/データ センターのオンボード
– 画像/短いビデオ/長いビデオ/ライブストリーミング/ダウンロード/ゲームを提供

MSNトークンのTGE・上場ローンチ

Meson Network(MSN)トークンの役割をより詳しく解説しましょう。
これは、Meson Networkプラットフォーム内でのインセンティブとガバナンスを担うトークンです。

トークンの機能

このトークンには、以下の4つの主な機能があります。

  1. マイナーへの報酬
    MSNトークンは、サーバーリソースを提供するマイナー(ネットワーク端末)に報酬として与えられます。マイナーは、Meson.Network内でのサービス提供に貢献することで、MSNトークンを獲得します。
  2. ステーキング用
    現在、イーサリアム上のMeson Networkテストトークンの転送機能がロックされているため、MSNトークンのステーキングはまだ利用できません。
    ただし、将来的には、マイナーは自身のMSNトークンをステーキングして、さらなる報酬を得ることができるでしょう。
  3. ユーザーによる支払い
    Meson Networkを利用するユーザーは、追加の帯域幅を得るためにMSNトークンで支払います。これにより、ユーザーはプラットフォーム上でのサービスを利用することができます。
  4. プロトコルのガバナンス
    MSNトークンの所有者は、Meson Networkのプロトコルのパラメーターの開発や変更について投票する権利を持ちます。これにより、コミュニティはプロトコルの方向性や改善について意見を述べることができます。

Meson Networkでは、これらのトークンがネットワークの発展や改善に貢献し、コミュニティの意見やニーズを反映するための重要な役割を果たしています。

トークンの詳細

  • トークンティッカー: MSN
  • 初期供給量: 100,000,000 MSN

初期トークンのローンチ

  • 初期トークン総供給量は、1億トークンです。
  • 初期サポートチェーンは、Ethereum MainnetとArbitrumとなります。
  • マイナーは、トークンの要求にチェーン 2.1 または 2.2 のいずれかを選択するオプションがあります。
  • 最初のエアドロップ(存在する場合)は、Arbitrum チェーンまたは Ethereum メインネット チェーンで配布されます。
  • 投資家からのトークンと一般販売は、イーサリアムメインネット上で配布されます。

MSNトークンは、将来的に追加のチェーンに拡大する可能性がありますが、異なるチェーンにわたるトークン供給の合計は一定のままです。
例えば、あるチェーンでトークンが燃焼される場合、同等の量のトークンが別のチェーンで生み出されます。このように、MSNトークンの供給量と配布に関する詳細は、プロジェクトの透明性と将来の成長に向けた重要な情報となります。

トークンの配布

項目割合TGE後のロック解除
プライベートセール26%12~36ヶ月
パブリックセール5%6ヶ月
エコシステム27%8年間
財団予約20%8年間
技術チーム15%6ヶ月の+8年間
パートナー6%6年間
テストネット マッピング1%ロック解除なし

上場ローンチ

Meson Networkは、3年前から立ち上げたプロジェクトで、現在のブール相場に向けて、4月中旬頃予定で、まもなくTGE・トークン上場)を行います。(詳細決まり次第、お知らせします。)
「$MSN」の始発供給量は、1億枚になります。

ソーシャルメディア

Join the meson.network Discord Server!
Check out the meson.network community on Discord - hang out with 72868 other members and enjoy free voice and text chat.
Meson.Network
meson.network official telegram
Meson Network – Medium
Unflinching focus on creating real commercial applications, Open network access standard, Release monopolized value.

Meson Networkに関する引用情報

本記事は、下記コンテンツに基づき、一部情報を引用して作成しています。

Meson Network
meson network provides fast,stable,cheap content delivery globally
Introduction | Meson Network
Bandwidth trading platform built on blockchain.

コメント

タイトルとURLをコピーしました