結局どっちがお得!ワイモバイルとヤフーモバイル!その違いとは!

モバイル通信

ワイモバイルにオンラインから乗り換えようとしたら、同じワイモバイルで、2つのオンラインストアがあるんですが、もしかして、どちらか偽サイト!!

 

ダパン君
ダパン君

どちらも公式サイトですよ。
ひとつは「ワイモバイル」で、もうひとつが「ヤフーモバイル」の各オンラインスストアです。

オンラインストアのロゴは「オンラインストア」の文字が「黒か赤」の違いで全く同じですね。そのため、どちらで申し込んだ方がよいか迷う人も多いようです。

 

 

ダパン君
ダパン君

それでは、まずは、ワイモバイルとヤフーモバイルの違いを、それから、各オンラインストアの相違点・共通点を解説して行きますね。

 

スポンサーリンク

ワイモバイルとヤフーモバイルの違い

ワイモバイル(Y!mobile)とは

ワイモバイルは、ソフトバンク株式会社が運営するモバイル通信サービスで、ソフトバンク自体が提供しているメリハリプランなどと同列の通信サービスです。

そのため、ソフトバンクとワイモバイルのそれぞれの看板を出しているショップもあります。

【参考】ワイモバイルの沿革
2014年3月に「ヤフー(株)」が「イー・アクセス(株)」を買収発表するもその後中止となり、同年6月に「イー・アクセス(株)」は「ウィルコム(株)」を吸収合併して「ワイモバイル(株)」が誕生しました。その翌年の2015年4月に「ソフトバンクモバイル(株)」(現ソフトバンク(株))が「ソフトバンクBB(株)」「ソフトバンクテレコム(株)」と「ワイモバイル(株)」を吸収合併し、現在に至っています。

現在は、ワイモバイルは、ソフトバンク(株)の関連会社でも子会社でもなく、ソフトバンクのモバイル通信サービスのことです。

Y!mobileオンラインストア

ヤフーモバイル(Yahoo!モバイル)とは

ヤフーモバイルは、親会社であるソフトバンク(株)が子会社のヤフー(株)が運営するYahoo! JAPANにオンラインストアを出店している形になります。

ヤフーモバイルのオンラインストアの「特定商取引法に基づく表示」を見ると、確かに販売業者は「ソフトバンク(株)」になっています。

特定商取引法に基づく表示

Yahoo!モバイルオンラインストア

各オンラインストアの共通点と相違点

料金プラン・SIMカード・通信サービスは同じ

「ヤフーモバイル」のオンラインストアで取り扱う商品やサービスは「ワイモバイル」と同じです。
どちらで申し込んでも、端末やSIMカード、料金プラン、通信サービスは、ソフトバンク(株)の「ワイモバイル」です。

ワイモバイルの詳細とメリット・デメリットについては、この記事を参考にしてください。

ワイモバイルのメリット・デメリットと乗り換えタイミング
ワイモバイル(Y!Mobile)は親会社ソフトバンクの自前回線で大手キャリアと通信品質では遜色がなく、格安SIMと比しても通信速度・安定度は超優秀!ワイモバイルに乗り換えを検討している方向けにそのメリット・デメリットとMNPのタイミングをご紹介!

取扱端末・販売価格は基本同じでタイムセール品が相違

販売端末・価格は、基本同じですが、キャンペーンによって相違します。
ワイモバイルでは、毎日21時スタートの「タイムセール」により、一部スマホやアウトレット品がヤフーモバイルより安くなります。端末もセットで購入を検討している方は要チェックです。

5月29日に発売された「Xperia 10 Ⅱ」は、ワイモバイルブランドでの取扱いとなり、現時点ではソフトバンクでは購入することはできません。

2020/5/29現在ワイモバイルヤフーモバイル
製品名(税込)新規・MNP機種変更新規・MNP機種変更
iPhone 7(32GB)23,760円~32,400円23,760円~32,400円
iPhone 7(128GB)34,560円~43,200円34,560円~43,200円
Xperia 10 II ※新製品38,160円~46,800円38,160円~46,800円
Xperia 827,360円~36,000円27,360円~36,000円
AndroidOne X533,119円~41,760円33,119円~41,760円
AndroidOne S725,199円~32,400円25,199円~32,400円
HUAWEI P30 lite10,080円~18,720円10,080円~18,720円
HUAWEI P30 lite アウトレット7,560円~16,200円7,560円~16,200円

アウトレット品の品揃えが相違

アウトレット品は、在庫状況により相違します。ワイモバイルの方がキャンペーンとして実施していますので、取扱数は多いです。
同一機種のアウトレット品の価格は、ワイモバイルもヤフーモバイルも基本同じです。

アウトレット品とは
お客さま都合などにより返品された未使用および返品端末などを当社再生施設にてクリーニング・修理・稼動確認を行い、問題なく使用できると確認された商品です。
アウトレット品のため、端末等にキズ、汚れなどがある場合があります。また、外箱、保証書及び説明書、付属品の同梱及び発行は行っておりません。
商品受け取り後8日以内の初期不良については同等アウトレット品と交換をさせていただきます。
引用:ワイモバイル公式(抜粋)

ラインナップは日々変化していますが、ワイモバイルのオンラインストアで販売されているアウトレット品は、1世代前の性能面で劣る製品が多いので、あまりおすすめしません。
まだ、アダプタなどの付属品はほとんど付いていないので、別途購入する必要があります。

キャンペーンが一部相違

ワイモバイルとヤフーモバイルの各オンラインストアでは、共通のキャンペーンを展開する一方で、それぞれ独自のキャンペーンも実施しています。

2020年5月30日現在の両者のキャンペーンは以下の通り。

ワイモバイルヤフーモバイル
SIMカード事務手数料無料キャンペーン
どこでももらえる特典(PayPayボーナスライト3,000円還元)
ワイモバ学割※(最大13カ月間・毎月1,000円割引)※2020/6/1まで
家族割引サービス(2回線目以降500円割引)
おうち割光セット(スマホベーシックプラン毎月500円割引)
おうち割でんきセット(スマホベーシックプラン毎月100円割引)
データ増量無料キャンペーン2
60歳以上通話ずーっと無料
下取りプログラム
PayPayキャンペーン(最大6,000円還元)
PayPayでネットショッピングがおトク!
SIMカードご契約特典(最大6,600円還元*)
SIMカードMR特典(最大4,400円還元*)
YouTube Premium3カ月無料
製品タイムセール
スマホご契約特典(最大5,555円還元*)

*ヤフーモバイルは、PayPayボーナスライト(有効期間60日)で還元

Y!mobileオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストア

結局どっちがお得!

乗り換え(MNP)でスマホベーシックプランM/R申込で比較すると、ヤフーモバイルの方が5のつく日・ゾロ目の日の申込なら、数字的にはお得ですが、ヤフーモバイルは、PayPayボーナスライトのため、有効期間60日の期間限定ポイントとなります。その点では、ワイモバイルの方が、いつ申し込んでも、手数料無料とPayPayボーナス(有効期限なし)なので、PayPayボーナスライトを使う予定がない場合は、ワイモバイルの方がよいとも言えます。

【ワイモバイル】
9,300円(事務手数料無料+PayPayキャンペーン)
=現金3,300円+PayPayボーナス6,000円
【ヤフーモバイル】
<5のつく日・ゾロ目の日の申込>」

11,000円(SIMカードご契約特典+MR特典)
=PayPayボーナスライト6,600円+4,400円
<上記日以外の申込>
7,700円(SIMカードご契約特典+MR特典)
=PayPayボーナスライト3,300円+4,400円
端末やSIMカード、料金プラン、通信サービスはとちらも基本同じですので、申込時期やキャンペーンの特典を比較して選択することをおすすめします。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました