楽天モバイルなら「iPhone 13」が超お得!

iOS 15「Safari」iPhone無料で使えるおすすめ機能拡張アプリ集

iPhone/iPad

これまでMacでしか使用できなかったSafariの機能拡張が、iOS 15・iPadOS 15からは、iPhone・iPadを含め、Safariを搭載したすべてのAppleデバイスで、機能拡張が利用できるようになります。

現在利用できるおすすめの使える「機能拡張アプリ(無料)」をご紹介します。

機能拡張の設定・利用方法は、この記事の「機能拡張」を参照してください。

iOS 15「Safari」iPhone新機能とその便利な使い方
iOS15のリリースとともにiPhone・iPadの標準ブラウザ「Safari」もアップデートし、より使いやすく改善、便利機能も追加されています。新機能のタブグループ化・翻訳・音声・タブ一覧・機能拡張等とiOS14以前との相違点も徹底解説します。
スポンサーリンク

YouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで楽しむ

PiPifier

Safariの機能拡張アプリを使えば、Safariでブラウザ版のYouTube動画を「ピクチャ・イン・ピクチャ」(PiP)モードで見ることができます。
例えば、LINEやTwitter・InstagramなどのSNSをしながら、YouTube動画を楽しむことができます。

ブラウザ版のYouTubeを開いて、タブバー(アドレスバー)の「ぁあ」をタップして、選択メニューにある機能拡張アプリ「PiPifire」を選択して利用できます。
(「機能拡張を管理」から機能拡張アプリを「オン」しておくことを忘れずに)

Safariの機能拡張を使うと、このような感じで、YouTubeをピクチャ・イン・ピクチャで見ることができます。

ユニバーサルリンクの無効化
Webサイトのリンクをタップした際に「YouTubeアプリ」が起動する場合は、機能拡張のピクチャインピクチャ(PIP)が利用できないので、ユニバーサルリンクを無効にする必要があります。

その手順は、まず、Safariなどのブラウザで「YouTube」を検索し、検索結果の「YouTube」(「m.youtube.com」から始まるリンク)を長押して、選択メニューから「開く」をタップして開くと、ユニバーサルリンクが無効になり、次回からは、ブラウザ版の「YouTube」が開きます。

その他に「PIP For Safari」「Web PiP」も同様の操作で無料で利用できます。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
PiPifierすべてのYouTubeなどのHTML5ビデオを
ピクチャ・イン・ピクチャモードで使用できます。
無料
PIP For SafariマルチタスクでYouTubeを視聴したい場合は、
このPIP For Safari機能拡張をダウンロード
するだけで簡単に実行できます。
無料
Web PiPSafariの機能拡張リストでピクチャモードの
ピクチャを押すだけで、Youtubeなどの任意の
Webサイトで任意のHTML5ビデオを再生できます。
無料

Webサイトをダークモードで目に優しい

Dark Mode for browser

iPhoneの「設定」>「画面表示と明るさ」で「ダーク」にチェックを入れると、画面全体が瞬時に白から黒のダークモードに変わりますが、SafariのWebサイトまでは、ダークモードにはなりません。
そこで、Safariの機能拡張アプリにより、Webサイトを丸ごとダークモードにすることができます。

開いているWebページで、タブバー(アドレスバー)の「ぁあ」をタップして、選択メニューにある「Dark Browser」を選択します。

画面下のドグルボタンを「On」にして、ダークモードします。

ドグルボタンを「Off」にすると、通常モードに戻ります。

その他に「ダークモードブラウザ」も同様に無料で利用できます。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
Dark Mode
for browser
すべてのWebサイトに自動的にダークモードを
追加します。
無料
ダークモード
ブラウザ
すべてのWebサイトでダークモードを最も高速に
シームレスかつ自動的に有効にします。
無料

Turn Off the Lights for Safari

Safari画面をダークモードにするのとは違って、YouTubeなど動画再生されている部分以外を暗くすることができます。

YouTube動画を再生したら、タブバーの「ぁあ」をタップして、選択メニューにある「Turn Off the Lights for Safari」を選択します。

すると、動画再生画面以外は暗くなり、動画だけを快適に見ることができます。
また、暗い部分をタップすれば、簡単に元の画面に戻ります。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
Turn Off the
Lights for Safari
再生動画画面以外は暗くし、
動画を快適に見ることができます。
無料

スタートページをお好みにカスタマイズ

Momentum

Safariのスタートページに、日替わりの綺麗な写真や天気、リンク集、検索バー、ToDoリストなどを表示してくれる機能拡張アプリです。

初回起動時には、ユーザー名とメールアドレスを設定し、無料でも十分に使えますが、さらに機能を追加したい場合は有料のサブスクリプションとなります。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
MomentumSafariのスタートページを時計、天気、ToDoなど
インスピレーションを備えた個人用ダッシュボード
に置き換えます。
無料

StartPage.ai

スタートページに「開いているタブ一覧」を表示してくれる機能拡張アプリです。

画面下部のツールバーの右にある ページボタン(タブ)ボタンをタップすると、タブ一覧が表示され、開いている3つのタブが確認できます。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
StartPage.ai新しいタブを作成する毎に最近使用したタブを
一覧表示します。
無料

PrettyWeb

スタートページの中心に、Googleなどの検索バーを配置し、ネットワーク画像、カラー、アルバム写真などを背景画像にできる機能拡張アプリです。

スタートページの背景画像等は、アプリ画面の「NEW TAB」>「Background」で設定します。(検索エンジン(Search Engine)も、Googleなど選択可能です。)

アルバムの写真を背景画像にする場合は「Photos」タブの「+」でアルバムからお好みの写真を選択し「Save」をタップして設定完了です。
その他、「Network」(ネットワーク画像)「Pure Color」(カラー)からも、選択して設定できます。

こんな感じでスタートページをカスタマイズできます。
「お気に入り」は表示されなくなるので、画面下部のツールバーの ブックマークを表示ボタン (ブックマーク)から選択することになります。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
PrettyWebSafariのスタートページをお気に入りの写真で
カスタマイズします。
無料

タブ操作を快適に

Svadilfari

Safariにジェスチャー機能(スマホにあるフリック、スワイプなど)を追加する機能拡張です。

Svadilfariの使い方

ジェスチャー機能は「Svadilfari」アプリを開いて「ジェスチャー」をタップします。

ジェスチャーのパターンは、予めプリセットされたパターンから選択するか、あるいは、自分で実際に好きなパターンを描いて登録することもできます。

ジェスチャーのパターンは、予めプリセットされた「パターンを選択」するか、あるいは、自分で実際に好きなパターンを描いて登録することもできます。

実際に「パターンを描く」をタップして、好きなパターンを描いて見ます。

指で「Z」を描いて「次へ」をタップし、「アクション」を紐づけて、登録します。

今回は、予め用意されている「アクション」一覧の中から「下までスクロール」を選択します。
アクションには「タブ」「開いているページ」の操作と「上級者向け」になりますが、JavaScriptを記述して実行(「JavaScriptの実行」)することもできます。

1つ前の画面に戻って「下までスクロール」のジェスチャーを「オン」にして設定完了です。

Safariの画面上部をタップして、上までスクロールはできますが、下までスクロールする操作はなかったので、このジェスチャーが使えて、Web上でのスクロールがかなり便利になります。

JavaScriptの実行(参考)

JavaScriptを記述して実行できると、いろいろなことがジェスチャーで操作できますが、JavaScriptは少々ハードルが高いので、ショートカットを起動するJavaScriptを利用して、下記のスクリプトにショットカット名「Safari Auto Scroll」(自動スクロール:日本語はエンコードに変換要)を入力して実行することができます。

javascript:(function() {
var url = location.href;
var docTitle = document.title;
location.href =’shortcuts://run-shortcut?name=Safari%20Auto%20Scroll‘ + ‘&input=’ + url; })();

ただ、共有シートのショートカットの場合、通常、Safariの共有ボタンから、開いているWebページを直接操作するため、Svadilfariのジェスチャーで、ショートカットのみを起動させるスクリプトではエラーになってしまいます。

「Safari Auto Scroll」
自動スクロールでハンズフリーでWebページを読むことができるショートカット。
ショートカットのダウンロードはこちらから(RoutineHubコミュニティ
【通常】Safari画面下部の 共有ボタン(共有)ボタンから起動

【Svadilfari】ジェスチャーでJavaScriptを実行してショートカット起動

ショートカットアプリ上で選択メニューなどが表示され、Safariに連携できず、エラーになります。
エラー原因については、引き続き調査し、判明次第、お伝えします。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
SvadilfariWebサイトでジェスチャを描画することにより、
タブの操作、リロード、URLのコピーなど、
Safariでさまざまなアクションを実行できます。
無料

Duplicate Tab

タブバーの「ぁあ」をタップして、選択メニューにある「Duplicate Tab」を選択すると、開いているWebページ(タブ)を複製することができます。
Duplicate Tabのソースコードは公開されていて、GitHubで入手することもできます。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
Duplicate Tabタブの複製を簡単にするシンプルな機能拡張。無料

検索をすばやく簡単に

Keyword Search

カスタムキーワードを設定して、Safariのタブバー(アドレスバー)から、すばやくさまざまなサイトの検索欄から検索することができます。

例えば、Amazonサイトである商品を検索したい場合、Safariのタブバーに「a 商品名(一部でも可)」と入力すれば、SafariがAmazonの検索バーに連携し、その結果を返してくれます。

キーワードの設定方法

タブバーの「ぁあ」をタップして、選択メニューにある「Keyword Search」を選択します。

次に画面下部に表示された登録キー一覧上の「+Add new」をタップして、新規のキーワードを設定・登録します。

Edit(キーワード編集)画面が表示されたら「Name」「keyword」「Expansion」を下記の通り、入力して「Save」します。

検索方法

例として、Safariの現在開いているタブで、AmazonでiPad miniを検索したい場合、タブバーに「a iPad mini」と入力します。

ここで「検索」に表示されている検索候補は、Google検索などの検索結果なので、タップせずに、キーボードの「開く」をタップします。

すると、Amazonサイトが開き、その検索バーに「iPad mini」と入力されて、iPad miniに関する商品が一覧表示されます。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
keyword searchSafariのタブバーから直接任意の検索エンジンで
Web検索するためのキーワードを設定できます。
無料

QRコードを自動生成

QRコード For Safari

QRコードを生成するために、他のサードパーティのQRコード生成アプリにURLを手動でコピーする必要がなく、Safariの機能拡張から簡単に作成することができます。

URLを作成するWebページを開き、タブバーの「ぁあ」をタップして、選択メニューにある「QRコード」を選択します。

QRコード生成する際は、Webサイトのアクセスを許可する必要があります。
選択メニューにある「QRコード」のアイコンが黒い場合は、許可が必要なので、許可した上で、アイコンが青色になれば、利用可です。

画面下部にQRコードが生成されたら、長押してアルバム等に保存してから利用ください。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
QRコード
For Safari
QRコード生成アプリにURLを手動でコピーする
必要がなく、Safariの機能拡張から簡単に作成
することができます。
無料

パスワード一元管理でセキュリティ強化

1Password

「1Password」は、各種ログイン情報や二段階認証のほかに、クレジットカード番号(裏のセキュリティコードも)や銀行口座、マイナンバーカード番号、メールアカウントなど様々な情報を管理・保存することができます。

さらに、パスワードを自動生成できるので、難解なパスワードを簡単に設定することができます。

ユーザーはアプリにログインするための「マスターパスワード」だけを記憶しておけばよく、指紋認証などにも対応しています。

iPhoneとiPadでも、Safariの機能拡張が利用できるようになり、SafariのWebサイト上でのパスワードも、この「1Password」で一元管理することができるようになります。

ただ、これだけの機能なので、無料とは行かず、月額2.99ドル(14日間無料トライアル期間あり)の課金制になりますが、利用する価値は十分にあるかと思います。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
1Passwordあなたのすべてのパスワードを記憶し、
あなただけが知っている1つのパスワードで
すべての情報を安全に管理します。
$2.99
/月

上級者用の開発ツール

Web Inspector

「Web Inspector」を使用すると、コンソールにJavaScriptコマンドを入力して、Webページに関する重要な情報をデバッグ、変更、取得することができ、Webページに関連するログや警告を追跡することができます。

Web Inspectorのもう1つの機能は、レンダリングのタイミングとレイアウトを分析し、Webページによって保存された画像やデータの詳細にアクセスすることができます。

タブバーの「ぁあ」をタップして、選択メニューにある「Web Inspector」を選択すると、「DOM」「Element」「Console」「Network」「Resources」の各タブでJavaScriptでhtmlの要素・属性などを操作することができます。

アプリアイコンアプリ名アプリ概要(App Store説明)価格
Web Inspector一連のWeb開発ツールを使用して
Safariの機能を拡張します
無料

その他の機能拡張アプリ・ライブラリ

Safariの機能拡張は、毎日新しいアプリが追加されるので、引き続き「使える機能拡張」をこの記事で、随時アップデートして行きます。乞うご期待ください!

機能拡張アプリライブラリ

カテゴリアプリ名アプリ内容価格
ユーティリティ‎Noir-Dark Mode for Safariダークモード有料
Super Agent for SafariCookie同意フォームに自動入力無料
Furiganify!漢字にふりがな(ルビ)を追加無料
Fokus: Text Highlighting選択したテキストを強調表示無料
Zoho Doc ScannerWebページをキャプチャ・PDF保存無/有
TwilarWebページをロカールに保存無料
Page Screenshot for Safariフルページのスクリーンショット
有料
Auto Reload for SafariWebページを自動リロード有料
AMP Shockwave
AMPのリダイレクト無料
AmplosionAMPのリダイレクト有料
Hyperwebブロッカー・検索・デザインカスタマイズ無/有
Grammarlyスペル・文法入力チェックキーボード無/有
1Blocker広告・トラッカーなどをブロック無料
AdGuard-adblock&privacy広告コンテンツブロッカー無/有
動画YTPIP:Browser & ExtensionYouTubeをPiP再生+ダークモード無料
Fullifierフルスクリーンビデオプレーヤー無/有
Vidimote for Safari WebビデオのPiP他再生、速度を制御 有料
翻訳Auto Translate for Safari100以上言語対応の翻訳アプリ無料
Mate – 翻訳者と辞書単語・テキスト・音声を簡単に翻訳有料
カスタマイズMindful Tab新規タブをカスタマイズ無料
開発Awput JSONJSONを読みやすくアクセス形式で表示無料
セキュリティ

SecurityManagerパスワードを安全に保存無料
Webroot Mobile Security危険なWebサイトをブロック無料
ブラウザ Yandex BrowserWebブラウザ無料
ファイナンスCardPointersクレジットカードのポイント管理無料
旅行Cheap Flight Deals格安航空券を検索無料
ライフHaute Pursuit異なるWebショップの商品検索・比較無料
SNSTweetbot 6 for TwitterTwitterクライアント(閲覧専用のみ無料)無/有
Tweaks for Twitter MobileTwiitterインターフェースをカスタマイズ有料

コメント

タイトルとURLをコピーしました