iPhoneユーザガイドを活用してiPhoneを便利に使いこなそう

iPhone/iPad

「iPhone」は、ユーザーフレンドリーをコンセプトに、直観的に操作できるので、今では懐かしい携帯電話を買うと付いてくる分厚い取扱説明書は同梱されていません。

とはいえ、使い方が分からなければ、Googleなどで使い方を検索ことになりますが、検索で知りたいことまでたどり着けない初心者ユーザーのために、実は、iPhoneの取扱説明書である「iPhoneユーザガイド」が用意されています。

各種機能、アプリの使い方、写真の撮り方、設定の仕方など、細部にわたる操作方法が、iPhoneを初めて使うユーザーに向けて説明されています。
最新バージョン「iOS 14」の新機能も紹介されています。

この記事では、iPhoneユーザガイドの参照方法とそのリンク集をまとめています。

iPhoneを便利に使う一助になれば幸いです。

スポンサーリンク

iPhoneユーザガイドの参照方法

「Safari」で参照する

iPhoneのWebブラウザ「Safari」を起動し、画面下部の「ブックマークボタン」をタップします。

ブックマーク一覧の中にある「iPhoneユーザガイド」を選択すると、参照することができます。


iPhoneユーザガイドの「目次+」をタップすると、ユーザガイドの目次が表示されます。

目次から確認したい項目を選択すると、その内容を参照することができます。

Webブラウザなら目次を展開・表示しながら、ガイドを読むことができるのと同時に、下部の「<(戻る)」ボタンで目次に戻ることができ、目次が展開した状態で参照できるのでとても便利です。

ホーム画面にユーザガイドをアイコンとして追加しておくこともできます。

Safariでユーザガイドを開いたら下部の中央の「共有ボタン」をタップして、「ホーム画面に追加」を選択すると、ユーザガイドのアイコンがホーム画面に設置され、次回からは直接ページにアクセスすることができます。

「iBooks」で参照する

iPhoneの「iBooks」アプリを起動し、検索で「iPhoneユーザガイド」と検索して、「iPhoneユーザガイド」の「入手」をタップすると、ダウンロードが開始されます。

ダウンロード後、iBooksアプリからユーザガイドが参照できるようになります。

目次(下記画面右)を表示させるためには、画面上部をタップして、上部メニューを表示させ、「目次(三)」ボタンをタップします。
ただ、iBooksは、目次が展開できないため、確認したい項目が探しにくいのが難点です。

それ以外から参照する

Safari以外のブラウザやWindowsパソコンなどiPhone以外のデバイスからも、下記リンク先から参照することができます。

iPhoneユーザガイド
この公式ガイドには、iPhoneについて知っておくべきことのすべてが詰まっています。iPhoneの基本的な使い方やiPhoneに搭載された驚きの機能のすべてを説明している決定版ガイドです。

リンク先から下記ページが表示されたら「目次+」をクリックします。

クリック後、下記目次が表示されますので、項目をクリックすると、該当ページを参照することができます。目次の「>」をクリックすると、さらに下項目が表示されます。

ただ、パソコンは目次が展開できますが、選択して参照後、閉じた状態になり使い勝手は悪いです。

パソコンで参照するための「リンク集」を作成しておきました。
全ユーザガイドの目次(展開済)を俯瞰することができますので、ぜひご活用ください。

iPhoneユーザガイド目次一覧

目次の最上位項目のブックマークとなります。

リンクをクリックすることで、当該項目の下位項目を確認することができます。

iPhoneユーザガイド

ようこそ

サポートされるiPhoneのモデル

iOS14の新機能

ホーム画面に追加できる新しいウィジェット機能やアプリをまとめるAppライブラリ、App Clip、動画画面を小さく表示できるピクチャ・イン・ピクチャ、着信通知やSiri応答画面のコンパクト化(上部バナー表示)、翻訳アプリ、などの新機能が紹介されています。

設定して使ってみる

まずはiPhoneを使ってみるうえでの最初の設定方法が解説されています。

基本

iPhoneの基本的な使用方法が解説されています。

App

iPhoneで利用するアプリのインストールから使用方法まで分かりやすく解説されています。

Siri

「Siri」(シリ)は、iPhoneやiPadに搭載された「話しかけるだけでスマホの操作を代わりに行ってくれるアシスタント機能」です。

「Hey Siri」(ヘイシリ)と呼びかけるだけで起動することができます。

ファミリー共有

ファミリー共有を利用してアプリを購入すると、1人分の金額で家族6人までアプリをインストールすることが可能になります。

ファミリー共有を使うと、購入した項目、サブスクリプション、iCloudストレージプラン、スクリーンタイムの情報など、をアカウントを共有することなく、家族で共有することができます。

スクリーンタイム

iPhoneのスクリーンタイムは、アプリの使用時間やWebサイトの閲覧時間などの使用状況を確認したり、アプリの使用時間やコンテンツを制限したりすることができ、スマホの使い過ぎを防止するのに役立つ機能となっています。

アクセサリ

iPhoneの充電ケーブル、電源アダプタ、充電器、AirPods、Apple Watch、Apple TV、HomePod、Magic Keyboardなど、純正アクセサリ製品の使い方を解説しています。

iPhoneをiPad、iPod touch、Mac、およびPCと使用する

iPhoneをiPad、Macや他のPCとインターネット接続を共有したり、デバイス間でデータのやり取りや同期をとったりする方法を解説しています。

CarPlay

「CarPlay」とは、iPhoneを対応カーナビやカーオーディオなどと、LightningケーブルまたはBluetoothとWi-Fiで接続するための機能です。

CarPlayでiPhoneが接続された車載器のスクリーンには、車内で閲覧・操作がしやすいように簡易化・最適化されたUIでiPhoneのホーム画面やアプリの画面が表示されます。

車載器の画面へ、指でのタッチ・スイッチやダイヤル・ボタンの押下、あるいは車種によってはハンドル上のスイッチを長押しSiriを起動して音声コントロールなどでもiPhoneを操作がすることができます。

アクセシビリティ

「アクセシビリティ」は、視覚や聴覚、身体機能に障がいを持つ人にも、iPhoneやiPadをスマートに使えるように設けられた機能です。

しかし、アクセシビリティ機能は、障がいを持つ人だけに向けた機能だけではなく、初めてiPhoneを手にしたシニアや、デジタルに不慣れな人にも、アクセシビリティ機能の力を利用することで、iPhoneやiPadを便利に使うことができます。

セキュリティとプライバシー

iPhoneは、データやプライバシーを保護するように設計されています。

組み込まれているセキュリティ機能は、ユーザー以外の他の人がiPhoneおよびiCloud上のデータにアクセスするのを防ぎます。

組み込まれているプライバシー機能は、ユーザー以外の他の人が入手できるユーザー自身に関する情報を最小限に抑えます。

どの情報が共有され、どこで共有されるかを調整することもできます。

再起動、アップデート、リセット、および復元

iPhoneをリカバリーするための再起動、復元方法、iOSのアップデート方法、バックアップの作成方法など、を解説しています。

安全、取り扱い、およびサポート

iPhoneに関する重要な情報が掲載されています。

著作権

Appleのイノベーションは、特許、商標、著作権などの知的財産に組み込まれています。「Apple Legal」で、Appleの知的財産に関するポリシーについて確認することができます。

最後に

今回iPhoneのユーザガイドの確認方法をアプリ・デバイス別にご紹介しました。

iPhoneのSafariから参照するのが目次を展開しながら、利用できるので一番使い勝手がよいと思います。

ただ、文字も小さいので、パソコンで利用する場合は、本記事のリンク集から参照するのが一番便利だと思います。ぜひご利用ください。

【参考文献】iPhoneユーザガイド

iPhoneに関するおススメ書籍

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました